神河町 越知川名水街道 自転車下り 前編

今回のサイクリングは、兵庫県の真ん中 神河町へ。

越知川名水街道 自転車下り」が目的です。

事前予約が必要ですが、バスで上まで行って、

約20km 下りメインのサイクリングが出来るそうです。

 

車で高砂から播但道を通って約1時間。

神姫グリーンバス 粟賀営業所に到着。

受付を済ませて、他の参加者とコースの説明を聞きました。

乗り込むバスは姫路ではよく見る普通のバス。

専用バスではなく、他のお客さんと一緒に乗りました。

(ちなみに繫盛期は別のトラックで運ぶそうです)

新田ふるさと村に到着すると運転手の方が、

「この自転車、軽いね~」なんて言いながら、外してくれました。

 

 

まだ、1ミリも走っていませんが、腹ごしらえ。

「食事処 千ヶ峰」さんで、かけ蕎麦(700円)を注文。

とっても上品な味で美味しかったです。

さあ出発です。

と、その前に準備を。

直前に寄った神河町の観光案内所で買った、

ロードバイク乗り 憧れ(⁉)のカーミン(1200円)を取り付けてスタートです(笑)

(こちらの妖精はGarmin[ガーミン]ではありませんのでご注意ください!!)

カーミンもセット出来たので、今度こそ出発です。

 

 

 

< ホームに戻る 後編へ >